2012年05月24日

ライトとクリップ買い直し

 
たまーに、原因不明の無くし物ってないですか?今回は「クルマの中にしか置いていなかったはず」のサックス練習用のライトが行方不明になってしまいました。車の中で練習するときはほとんどが夜なのでライトは必需品なのですが・・・どこを探しても見つかりません。仕方ないので新しいのを買いなおすことに。

ハンズマンに見に行ってみると、懐中電灯売り場(?)は思ったより豊富な品揃え。ただしライト単体では。

KONTEC STY-LED5
店員さんに相談して、少し離れたコーナーで見つけました。この「クリップが付いている」ことが重要です。クリップ部分だけのバラ売り。


GZL-90S
ズームとか出来るらしいです。防災グッズとして持っていてもいいかも。


GZL-90S
お尻のボタンで明るさは2段階に調整できます。そして点灯と点滅を選べる模様。自転車用のヘッドライトとしても使えそうなくらい。


ズーム調整機能付きLEDライト
完成図。譜面を照らすのに、頭の近くにかなりゴツい物体が来ます(笑)
 
posted by 幸村@宮崎 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サックスネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

宮崎サクソフォーンの会・合宿

 
入会していきなり、サクソフォーンの会の合宿に参加しました(というか合宿の直前というタイミングで入会してしまったんですね)。朝9時から始まって夕方5時まで、サックスの練習にみっちり取り組みましたが、1日でこんなに長い時間練習したのは初めてです。

ヤマハ音楽教室のときに習っていたO先生を講師に迎えてのレッスン。パート練習と全体練習にて、発表会での曲について色々とアドバイス頂きましたよ。



「反省会」という名の合宿後の打ち上げ。飲み放題なのでビールと焼酎を飲みましたが、さすがに1日中サックスを吹くとかなり飲めますね!


JA・DA
そして2次会。酔っ払った状態で、久しぶりのJA・DAへ。ソプラノサックスに替えてからはまだ来てないです。


●Piano Bar jada

 
posted by 幸村@宮崎 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サックスネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

宮崎サクソフォーンの会、初練習

 
今日からサクソフォーンの会にて練習です。・・・自分だけメタルのマウスピースだと音色も合わないだろうし、ピッチのことも心配。なんと言ってもウルフトーンがどういう状況で出始めるかも。とりあえず問題点を出してみて、気長に解決して行きましょう(笑)


メディキット県民文化センター
夕方6時に練習会場の「メディキット県民文化センター」へ。


次回の発表会で演奏する曲の譜面を9曲分(!)まとめて貰いました。この時期なこともあって主にクリスマスソング中心ですが、明るい曲ばかりなので練習も楽しいです。
 
posted by 幸村@宮崎 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サックスネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

ウッドストーン・サムフック2

 
ウルフトーン解消への道・・・完全に解決することはないですが、なるべく症状が出ないようにしていきたいですね!

演奏中にウルフトーンが出るかどうかはリードの状態によるところが一番大きいかなーと今のところ思っていますが、道具で少しでも改善できるとしたら、それは「管体の振動をなるべく妨げない」ことでしょう。

・・・というわけで、石森管楽器さんのサムフックに換えてみることにしました。


ウッドストーン・サムフック2
いつもリガチャーを買ったときに入っていた箱。サムフックも同じ箱に入って届きました。


ウッドストーン・サムフック2
購入したのは、初代サムフックから「左側の出っ張り」が追加された形のサムフック2。右手親指の支えが楽になるかもと選びましたが、無くてもそれほど変わらないかも・・・。表面の仕上げは普通のGP(ゴールドプレート)のものにしてみました。


ウッドストーン・サムフック2
淵の部分だけがサックス管体と接触するように加工されていて(内側は大部分が窪んでいます)、極力音の振動を妨げないような作りになっています。


Selmer Mark VI Soprano
マーク6オリジナルのサムフック。フックの曲がり具合はソプラノサックスで使いやすいように設計されており、形だけなら断然こちらのほうが演奏はしやすいです。指が汗ばんでもそれほど滑ることがないのも良い点。これを使わなくなるのも勿体無い気がしますが・・・。


Selmer Mark VI Soprano
フックをネジで外すとこんな感じ。さすがに年季の入った感じがします。
 
posted by 幸村@宮崎 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サックスネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月25日

宮崎サクソフォーンの会

 
都城はどちらにしても断念ということで、今回は宮崎のほうのサクソフォーンの会へ見学に来ました。

練習場所はなんと、地元では「オルブライトホール」で有名な(超が付くほど有名な)、県立芸術劇場(=メディキット県民文化センター)。毎回地下1階にある練習室を借りて、アンサンブルの練習を行っているみたいです。

メンバーには自分と同じくヤマハ音楽教室で習っていた人も多く、練習も良い雰囲気です。毎回10人くらいの練習になるそうですが、やはりアルトサックスが一番多い模様。


宮崎サクソフォーンの会


練習日は、第1日曜と第3日曜の夜。この場所までは車で20分も掛からないくらいと非常に良い練習環境になりそうなので、入会させて頂くことになりました。

★関連サイト → 宮崎サクソフォーンの会


●メディキット県民文化センター

 
posted by 幸村@宮崎 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サックスネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

宮崎サクソフォーンの会都城支部

 
サックスは普段一人で練習しているのですが、クルマの趣味とは違ってなかなか知り合いが増えるわけでもありません。宮崎でサックスの愛好会みたいなのはないかとアームの日高さんに相談したところ、あるにはあるとのこと。「サクソフォーンの会」で調べてみたら分かるよ、とのことでネットで調べてみると、宮崎と都城でアンサンブルのサークルがあるようでした。

毎週水曜日の夜に練習をやっているという、都城(三股町)のほうに見学に行ってみることにしました。

★関連サイト → 宮崎サクソフォーンの会都城支部

サイトの掲示板が止まってるっぽいのでイヤな予感はしてましたが、練習場所の三股町立文化会館に行っても何もなし・・・受け付けで聞いても手がかりはありませんでした。どちらにしても、仕事帰りに来るにはかなり時間が掛かる場所なので厳しそうです。地図で見ると近そうなんですが。


9th クラシックカーフェスティバル in 霧島
いつも開催日が雨がらみでまだ行ったことのない、クラシックカーフェスティバルのポスターが貼ってありました。今年は三股町で開催されるみたいです。


●三股町立文化会館

 
posted by 幸村@宮崎 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サックスネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

最凶の敵、ウルフトーン

 
先日のピッチのずれ・・・というより「1音高い音が出る」問題。コルクへのマウスピースの差し具合が原因だったわけですが、写真に撮ってみるとこんな感じです。

Selmer Mark VI Soprano
どの高さの音も出やすいので、勝手に決めていたマウスピースの差し具合。


Selmer Mark VI Soprano
ちゃんとした音の出る、ピッチを合わせた状態。見た目はちょっと・・・。


しかしピッチを合わせて練習してみると、いきなり出たんですね。アレが・・・ (−△−;)
ミとファとファ#のときに「ボーボボボボボ・・・」と出る変な音の振動
しばらく吹いて、リードが湿ってピッチが低くなりがちになってからが良く出るようです。

またまた管楽器修理工房アームの日高さんに相談してみるとウルフトーンとのこと。
一番の解決策はマウスピースの銘柄を別のものに換えることですが・・・デュコフでいきたいので
何とかならないものか考え中です。リードを工夫するとか。


●11/09/13 ソプラノサックスによるウルフトーン



しかし、調べてみると結構大変らしいですね。これを直すのは・・・凹

★関連サイト → サキソホンのウルフトーン(狼音) 楽器創造館ブログ

今のところ、このチューニングパーツで直ればイイな、という感じ。石森管楽器さんのサムフック。
管の振動を邪魔しないよう、接触面の構造に工夫がされています。

ウッドストーン サムフック2
 
posted by 幸村@宮崎 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サックスネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月06日

久しぶりサックスの点検へ

 
前回バランス点検してもらったのが2月(参考:コルク交換してもらいました)。サックスはクルマで移動させることがほとんどなので、コンディションに違和感があるわけでもないですがとりあえず診て頂きました。が、状態としてはかなり良いみたいです。

先日のキーが1つずれる件、マウスピースを差し込みすぎて音が高くなっているとのこと(笑)自分ではそんなつもりがないので、全く思いもしませんでした・・・。これからはちゃんとチューナー使おう。

★関連サイト → 441hzの考察

SEIKO ST777 CHROMATIC TUNER

お店には、針の動きが分かりやすい立派なチューナーがありました。


●管楽器修理工房 アーム

 
posted by 幸村@宮崎 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サックスネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

あれ?音の高さがおかしい・・・

 
基本、サックスを家で練習することはないのですが(そろっと吹いてもかなり音が大きいです)、
モチベーションを上げるべく YouTube動画を見ながらサックスを持ってみることに・・・。

それほど曲を「極めずに」動画をアップしている(と思われる)韓国の kimyoungil13さん。その曲だけ集中してオリジナルに似せたら凄いんだろうなといつも感心します。アルトだとさらに上手いし(汗)


●Dying Young (Kenny G) Copy...^^



・・・しかしここでかなり深刻な事態が発生。同じ指使いなのに、出てくる音が1音違う・・・。
「ドー・ソー」で始まるはずが、自分は「シー・ファ#ー」で吹かないと音が合わない。なんで?

考えても頭は混乱してゆくばかり・・・。しかし、人に相談するとすぐに原因が判明しました(笑)
 
posted by 幸村@宮崎 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サックスネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

スターリングシルバー、売れました!

 
年末にドナドナして早や8ヶ月、ようやく次のオーナーさんが決まったようです(笑)

石森管楽器

銀の市場価格に連動して値段も上がってきている総銀製サックス。新品の6割くらいの価格設定だからすぐに売れると思っていたのに・・・不況の影響もあるんでしょうかね。

吹いたときの程よい抵抗感がとても気持ち良かったスターリングシルバー。本当のお別れが来てしまったようで、淋しい気もしました。
 
posted by 幸村@宮崎 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サックスネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。